熊本を中心に九州各地の観光や旅グルメ、様々なホット情報を発信
by hirosetaxi
リンク集
カテゴリ
全体
グルメの旅
九州の四季
九州の旅
季節の風物詩
観光スポット
九州の旅
プライベート
以前の記事
2013年 08月
2012年 11月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
試写室にてwww
from 暴走
すぐオッキwwww
from こけし
snapper lawn..
from snapper lawn m..
nursing unif..
from nursing unifor..
bankamerica ..
from bankamerica fo..
ryans pets s..
from ryans pets sup..
stroler
from stroler
specs on all..
from specs on all c..
chamillionai..
from chamillionaire..
maui timesha..
from maui timeshare..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:季節の風物詩( 10 )

雲海の高千穂。

神々の息吹を感じることが出来る里、高千穂(宮崎県)は多くの人が訪れる観光地。
天岩戸開きの神話で有名な天岩戸神社や五ヶ瀬川が阿蘇溶岩を侵食したことによって
生まれたV字渓谷高千穂峡。ボートからの日本滝百選「真名井の滝」も素晴らしい。
毎夜8時から1時間の高千穂神社神楽殿での観光神楽も人気。
b0072219_18251997.jpg

高千穂では10月下旬から11月の前日に日中に暖かく、朝方の気温が冷えこむ
無風快晴の日に雲海が現れることがある。
観光夜神楽の会場で明日は雲海が見えそうとの情報で、初めての雲海を楽しむため
早朝ホテルを出発、九州高峰、祖母山を遠景に国見ヶ丘からの幻想的な雲海をカメラに
収めることが出来た。
[PR]
by hirosetaxi | 2012-11-08 18:53 | 季節の風物詩

風流、やな場での鮎料理。

懇親会の送迎で熊本市内から約40分、甲佐町のやな場をを訪れた。
送迎は数度あったが今回は初めて茅葺き屋根のあずま屋で料理を楽しむ事にした。
涼しい川風と清流の水音を聞きながらの新鮮なあゆ料理はまた格別。
b0072219_1125790.jpg

甲佐町の簗場は、寛永10年(1633)肥後藩主の細川忠利候の命によって造られた
水田用水調節の場だったが、その後、鮎をとる簗が完成し代々の藩主等が
毎年とれたての落ち鮎を賞味された場所として知られている。
帰りの車内では、次回はぜひ家族で訪れたいとの声。
江戸時代の風流を楽しめる簗場は6月1日から11月4日まで。
[PR]
by hirosetaxi | 2009-09-09 11:00 | 季節の風物詩

ラベンダーの摘み取り  (2009年6月28日)

今回ご案内した兵庫県からのお客様は、ご両親と姉妹、ワンチャンとのご旅行。
阿蘇から湯布院への途中、くじゅう花公園でラベンダーの摘み取りを体験された。
1700m級の久住連山の裾野にある標高750mの花公園は、7月下旬までがラベンダーの見頃。
b0072219_10433067.jpg

訪れたこの日は早咲きの2万本が満開、遅咲きの7月下旬まで土日のみ有料の
摘み取り体験が出来、ラベンダーの花束を持ち帰る事が出来る。
キャリーから出してもらったたワンチャンは広大な公園内の花畑で、やわらかい
土の感触を楽しんでいるようだった。
[PR]
by hirosetaxi | 2009-06-30 10:43 | 季節の風物詩

阿蘇の雲海

自宅のある熊本市内から早朝、湯布院や黒川温泉へお客様をお迎えに行く度に期待
する光景がある。阿蘇北外輪のドライブルート通称ミルクロードから望む大自然の
芸術、幻想的な雲海。
b0072219_10543268.jpg

雲海の上に浮かぶ阿蘇五岳(根子岳・高岳・中岳・杵島岳・烏帽子岳)、五つの山が仏像
の寝姿に例えられ「阿蘇の涅槃像」とも呼ばれている。
迎えの時間を気にしながらカメラのシャッターを押す事も多い。
[PR]
by hirosetaxi | 2008-12-28 10:54 | 季節の風物詩

熊本城と銀杏

別名銀杏城とも呼ばれる熊本城。 54万石の大名加藤清正は築城にあたり多くの
籠城策を備えていた事に感心する。
10月この季節、街路樹等のイチョウの下で熟れた銀杏を見かける。
清正はイチョウを城内に多く植え、非常食にするため実を地下に貯蔵したり壁に
塗り込むなどしたといわれている。
b0072219_1255928.jpg

本丸御殿の前に、城が完成したときに植えられたといわれている銀杏の木があり
これが銀杏城の名の起こり。
飲料水確保のため城内に井戸を120あまり、食料として畳の中に干ぴょうやズイキを
入れていたとも、清正の過去の苦い経験が活かされている。
[PR]
by hirosetaxi | 2008-10-23 12:06 | 季節の風物詩

秋の山野に咲く吾亦紅(われもこう) 2007年9月26日撮影

秋、阿蘇の山野で吾亦紅を見かける。ススキの草原を背景に青空の下
秋風に揺れて咲く風景は絵になる。花屋さんでも売られているが、1メートルを
超えないバラ科の多年草、細い茎の先に暗紫紅色,指先ほどの大きさで花というより
実のように見える。
b0072219_13225830.jpg

外輪山の通称ミルクロードの道路沿いでは、草の中から抜きんでて咲いているのを
見ることが出来る。
吾亦紅はススキとよく似合い、好きな花の一つ。
近頃すぎもとまさとの曲「吾亦紅」が話題を集めている。
[PR]
by hirosetaxi | 2007-09-27 13:23 | 季節の風物詩

フェリーの旅とゆりかもめ (2007年4月12日撮影)

毎年11月から4月頃まで熊本港~島原港のフェリーで、ゆりかもめへの餌やりが
楽しめる。 毎回どこからともなく出航するフェリーに集まり追いかけ始める、
乗船客がパンくずやえびせんなどを上へ投げると、いとも簡単に空中でパクリ、
指先からもくちばしで器用に取っていく。
b0072219_14573019.jpg


ゆりかもめは、秋に日本に渡ってきて春まで生活する冬鳥、これから長旅の季節を迎え、
今年も半年過ぎには又北の大陸から戻って来る。
[PR]
by hirosetaxi | 2007-04-16 14:57 | 季節の風物詩

さげもんめぐり(ひな祭り)の水郷柳川

信州からの、年一回姉弟ご夫婦の旅行を楽しみにされてるお客様を、さげもんめぐりの
福岡県柳川の町にご案内した。 柳川では古くから女児の幸せを願って初節句に、
雛壇飾りと「さげもん」を吊り下げ、人々に公開する風習があり、今年も2月中旬から4月3日まで市内数十ヶ所で、さげもん飾りを観賞することができるとのこと。
さげもんは縁起物をかたどった布の小物49個を7連の糸に通し、中央には柳川まりを吊るす。
b0072219_13203389.jpg
この日午前中は、城の防御のためだった掘割を進む、名物のどんこ舟で船頭さんの名調子と風景、舟に飾ってあるさげもんを観賞。昼食は柳川の味、うなぎの「せいろむし」を堪能していただいた。
掘割とどんこ舟、白秋のふるさと水郷柳川は心が癒される。
[PR]
by hirosetaxi | 2007-03-16 13:20 | 季節の風物詩

銀世界の阿蘇に感動! (平成19年2月2日撮影)

神戸からのお客様と黒川温泉を出発、今日のコースは大観峰経由、
阿蘇中岳火口、草千里、昼食は人気の店「あそ路」でのたかなめし、
14時頃熊本空港到着予定。
前日からの厳しい寒さで山沿いを中心に雪が積もり、黒川も積雪、
阿蘇山上では7~8センチの積雪だったとのことで、火口への有料道路は
閉鎖、ロープウエイでの銀世界の火口見物だった。草千里付近の木々は
雪に覆われ、普段見ることが少ない風景にお客様も感動されていた。
b0072219_23332628.jpg

[PR]
by hirosetaxi | 2007-02-02 23:33 | 季節の風物詩

風に舞う干しダコ  平成18年7月13日撮影

有明海沿いの天草上島や下島の海岸線の道路を走っていると、風に舞う干しダコの姿を見ることが出来る。 干しダコ作りは、天草の夏の風物詩になっている。
夏の暑い日差しを浴びてゆらゆらと揺れる風景はユーモラス、
b0072219_12171960.jpg

干しダコを白米と炊き込んだ「タコ飯」は天草を代表する郷土料理。
[PR]
by hirosetaxi | 2006-07-18 12:17 | 季節の風物詩